人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月13日

自転車のライトが点灯しなくなりましたので早速修理します。

 自転車のライトが点灯しなくなりました。ライトが点灯しなくなった場合の原因はいろいろ考えられます。まず一番多いのは電球自体の寿命による断線。次に各接点類の接触不良。余りないのですが発電機の故障などです。


故障して点灯しなくなった自転車のライトです。前輪の中心部が太くなっている「ハブ発電」式のものです。他にタイヤに押し付けて発電する安価なタイプのものもありますが、ライト点灯時にペダルが重くなるので最近はハブ発電式のものが多くなりました。


点灯しなくなった自転車のライトです


まず電球の断線を調べるために、ライトから電球を取り出します。ライトの前面のレンズカバーをはずします。ねじ止めの場合もありますが、この自転車のライトの場合は爪で止まっています。レンズカバーと本体との隙間にマイナスドライバーを差し込みます。


レンズカバーカバー下の溝にドライバーを差し込む


差し込んだドライバーをこじると本体からカバーが外れます。


レンズカバーが外れる


レンズカバーには電球のソケットがついた反射カバーが爪で取り付けられていますので、すきまにドライバーを差し込んでこじります。


反射カバーとレンズカバーの間にドライバーを差し込む


レンズカバーがはずれ、電球が見えます。


反射カバーとレンズカバーが外れる


反射カバーについている電球のソケットからねじ込み式の電球を回してはずします。


反射カバーから電球をはずす


はずした電球です。口金には6V 2.4Wの刻印があります。電球交換の場合はこの規格をメモして購入します。


取り外した電球


電球とソケットの接点不良の場合は鉛の接点部分をやすりで磨きます。


鉛の接点を磨く


ソケット受け側の真鍮の接点も磨きます。


真鍮の接点を磨く


取り外した電球の断線を調べます。電球自体型ガラスのためフィラメントが切れているかどうか確認できないので、テスターで抵抗の確認をします。針は動かずやはり電球の断線のようです。


電球の抵抗確認


ホームセンターの自転車コーナーで電球部品を仕入れてきました。2個入りで350円の「ハロゲン電球」です。


新しい電球2個で350円


新しい電球の抵抗確認です。針が振れます。


新しい電球の抵抗測定


はずした時と逆の手順で、元通りにします。交換した電球をソケットにねじ込み、反射板とレンズカバーを合わせ、本体に押し込んで完了です。


オートライト本体下部には暗くなった時に自動感知するためのセンサー部が付いています。この部分が汚れていると日中でも点灯してしまうようになります。


ライトの下面


発電機との接点部分の接触不良で点灯しなくなる場合もあります。


接点コネクター部分です。


発電機との接続端子


コネクターをはずし、差しこみ側のコネクターをキリなどで磨きます。


差しこみ側のコネクター


受け側のコネクターはペーパーやすりで磨きます。


受け側のコネクター


タイヤ発電式のものはこんなふうです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。