人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

布地部分がぼろぼろになったアイロン台を修理しました

 アイロン台の表の布地部分がぼろぼろになり中が見えるようになったので修理します。


表の布を取り外すと、中にフェルト地でできた芯と台のプラスチック成型された本体部分が見えます。


アイロン台の表地を取りはずしたところ


表地となる布を用意します。アイロン台に使うので、熱に強い綿などの素材が良いです。手持ちの布を使います。大まかにアイロン台よりも大きめにカットします。


大きめにカットした表地


台にフェルトと表地を載せて裏返し、台の縁からちょうど良い大きさのところで周囲に沿ってさらに表地をカットし整える。


裏返したところ


布が薄いので端を折り返して2重にし、パンチで下穴を開けます。


パンチで布に穴を開けます


布に穴が開いたところで、ハトメ玉をセットします


布に穴が開いたところで、ハトメ玉をセットします


セットしたハトメ玉をハトメパンチで上下からはさみ、ハトメ玉をつぶしてハトメを作ります。


ハトメパンチで挟み込む


ハトメで穴が補強されました。この後適当な間隔を置いてアイロン台縁周辺に穴を開けてゆきます。


ハトメで穴が補強されました


縁周辺全部に穴が開けられました。


縁周辺全部に穴が開けられました。


できた穴に麻紐を順次通してゆきます。


できた穴に麻紐を順次通してゆきます


全部通し終わったら、紐を引っ張って絞り縛ります。


全部通し終わったら、紐を絞って縛ります


できあがった表側です。


できあがった表側です。


修理に使った道具類。はさみ、穴あけパンチ、ハトメパンチ、ハトメ玉、麻紐


修理に使った道具類。


このハトメは穴の補強にいろいろと使えます。100円ショップで300円くらいで売られています。ベルトの穴の取れてしまった金具補強などにもこのとおり利用できます。


ベルトの穴補強にも使えます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。