人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

タイル貼りの浴槽の目地を修理します

 我が家の浴槽は最近余り見かけることのないタイル張りです。タイル張りには目地がつきものですが、浴槽の場合は毎日お湯を張って使うものだけにだんだんと目地のセメント分が流され目地の部分がだんだんとほれてきます。目地が深くなると汚れが付いても洗い流しにくくなります。それで修理をすることにしました。


タイル張りの浴槽です。タイルは1円玉くらいの丸型のものです。


コインタイル貼りの浴槽です


目地部分が流れてしまいました。修理が必要です


目地部分が流れてすっかり深くなりました


修理に使う目地剤です。1キロ入りの袋で350円くらい。2袋使いました。白色のものですが、セメントに樹脂等配合した薄付けできるひび割れが出にくい既調合タイプのものです。


目地剤です。


目地剤を目地に塗りつけるゴム製のへらです。プロのタイル屋さんなどですとゴム製の鏝を使う事が多いですが、素人はゴムベラのほうが扱いやすいようです。


ゴムベラです


他に拭き取りようのぼろきれと目地セメントを混ぜる容器(洗面器など)を用意します。


はじめに目地に残っている汚れや油分などを落とします。高圧洗浄器があるとベストですが、持っていませんのでたわしを使って落とします。


たわしを使って目地部分を洗います



次に目地剤を容器に入れ少しずつ水を加えていって、生クリームくらいの状態にします。余り水を入れすぎるととろとろになってしまいますから、ある程度入れたら少しずつ水を入れてゆきます。入れすぎた場合のために少し目地セメントを残しておくと良いです。


容器に目地セメントを入れる

水を加えていって

水を少しずつ加えていって

このくらいでちょうどです。

ちょうどに練りあがりました


ゴムベラに適量をとって塗りつけてゆきます。


ゴムベラで塗りつけてゆく


大まかに塗りつけ終わりました。塗り残し、穴あきなどないのを確認します。


大まかに塗り付け完了


塗りつけ終わりのころにははじめに塗ったところなど乾いてきていますから、タイル面に残ったセメント分を乾いたぼろきれで拭き取ります。余り力を入れると目地剤まで取れてしまいますので、軽くふきます。


ぼろきれでセメント分を拭き取ります


拭き取り完了です。1日か2日置いてから水張り使用開始です。はじめはセメントのアルカリ分が多く流れ出ますから、肌の弱い人などは注意が必要です。


拭き取りが完了しました

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。