人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月13日

原付自転車の後輪タイヤ交換は少し面倒です

 原付自転車(YAMAHAジョグ)の後輪タイヤ交換もしました。原付自転車は各部品がぎゅ−ぎゅ−詰めにコンパクト収めているせいか、前輪に比べて少し面倒です。


後輪タイヤも溝がなくなっています。


後輪の溝がなくなったタイヤ


後輪車軸を止めているナットと排気マフラーとの間には少ししか隙間がない。まず緩めるため潤滑スプレーを吹き付けます。


車軸固定ナット部分に潤滑スプレーを吹き付ける


22ミリのナットですが、まずモンキーレンチを使って緩めようとしましたが、とても歯が立たない固さで締めてあります。ねじ山がつぶれそうなので、一旦中止します。


モンキーレンチでゆるめてみる


モンキーレンチではだめと判断し、より力が入れられる「めがねレンチ」を仕入れてきました。2000円位しました。排気マフラーとの間も余りないので、一旦マフラーをはずさないと後輪ははずせないようなので、まずマフラーの取り外しにかかります。車体に2ヵ所のボルトとシリンダーの排気部分2ヵ所のボルトの4箇所で固定されています。


ボルトをソケットレンチを使いはずします。


ソケットレンチでボルトをはずす


もう一箇所もボルトをはずす


シリンダーの排気部分2ヵ所のボルトをはずそうとした時に、問題が起こりました。ボルトは緩める前に全部潤滑スプレーを吹き付けては置いたのですが、シリンダーの排気部分2ヵ所のボルトのうち1箇所のボルトがさび付いていたせいでねじ切れてシリンダーに残ってしまいました。


ボルトが1箇所ねじ切れてしまいました


とりあえずマフラーは取り外すことはできたのですが、取付用のねじ穴がふさがってしまったので何とかしなくてはなりません。その作業はマフラーの修理としてまとめてからアップします。


取り外された排気マフラーです。


取り外された排気マフラーです


さてこれで車軸を固定しているナットを「めがねレンチ」を使い緩めます。


めがねレンチでナットをはずす


後ろの車輪が外れました。車体側にブレーキシューが見えます。まだ厚さは十分なので、今回交換まではしないで清掃のみを行います。


後車輪が外れました


前輪の交換の時と同じようにタイヤから空気を抜きます。


後ろのタイヤから空気を抜きます


ホイールから後ろタイヤをはずしてゆきます。前のタイヤの時と同じ手順です。いちど経験しているので、今回は前の時よりずいぶん楽に作業ができました。


ホイールから後ろタイヤをはずす


ホイールからタイヤをはずします


前のタイヤの時と同じ手順で新しいタイヤを組み込みます


新しいタイヤをホイールに組み込みます


バールを使ってもう少しです


無事後ろタイヤの組み込み完了です。前の時より断然速くできました。


後ろタイヤの組み込み完了


例の圧力タンク付の空気入れを使ってどんどん空気を入れてゆきます


圧力タンク付空気入れで空気を入れてゆきます


最後に「パン」とはじけてホイールとタイヤとの間の隙間がなくなりぴったりと密着して空気注入の完了です。


空気注入の完了


後輪の車軸に交換完了した後ろ車輪を組み込み


後輪車軸に車輪をはめ込んで


ナットをめがねレンチで締め付けて後ろ車輪のタイヤ交換作業は終了です。


めがねレンチでナットをしめる


このあと排気マフラーを取り付けるのですが、そちらの作業は「マフラーの修理」のほうにアップします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。