人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

洗い物の水きり用のかごを流しで使えるように改修しました

 流しの洗い物を入れる水切りかごです。流し専用ではないので、流しの巾に合わずに流し台にセットすると沈んでしまいます。修理ではありませんが、まな板をのせて使えるようにしたいので、流し台の縁に載せられるように改修することにしました。


流し台にのせて使っている水切りかごです


そのまま流し台に入れると巾が少なく流しの中に沈んでしまいます。


かごの巾が足りずに沈んでしまう


かごの端に受けのプレートを溶接することにします。手元にあったステンレスのプレートをディスクグラインダーを使って、適当な長さにカットします。


ディスクグラインダーでステンレスプレートをカットする


カットしたステンレスプレートの切り口を滑らかにするため、両頭グラインダーを使い削ります。


グラインダーで角を取る


かごの縁に溶接機を使い、溶接します。


籠の縁に溶接する


溶接かすを叩いて落とすとプレートも取れてしまいました。くっついているように見えても、ステンレスは溶けにくいようでくっついていません。再度念入りに溶かしてつけます。


プレートが取れてしまいました


すべて無事に溶接できたので早速流しに載せてみます。


溶接できたので流しに載せます。


前後方向に動かすと、縁からはずれるので巾止め用にさらに2枚プレートを溶接して完成です。まな板を載せても大丈夫です


まな板を載せてみる


溶接機は魚焼きグリルの修理で紹介した家庭用のもの、ディスクグラインダーはホームセンターで3千円くらいで買ったもの、両頭グラインダーは鍋蓋修理のところで紹介したもので、もらったものですが新しいものですと5千円くらいからホームセンターなどで売っています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。