人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

設置から4,5年で灯油焚きボイラーが故障しました

 現在17年になる我が家ですが、新築時設置した灯油焚きボイラーが4、5年で故障しました。


ノーリツの灯油焚き石油ボイラーOTQ−3000AY

17年使っている灯油焚きボイラーです


この事件がそもそも私が修理に執念を燃やすことになったきっかけの事件でした。なぜ4,5年やそこらで故障するのかとは思いましたが、当時忙しかったせいもあり、早速修理をメーカーに依頼することに。

ボイラーのリモコンが風呂と台所にあるのですが、ある日 E07 の表示が出て点火しなくなりました。

ボイラーのリモコン

メーカーのサービスマンが来て、ボイラー側面のパネルをはずすと、パネル裏にエラーコード表示について説明が記載してあります。

ボイラー側面のパネルをビス止め2箇所をゆるめはずす

パネル裏面

パネル裏面貼付のエラーコード表示


説明表示によると、「給湯送風機異常」とあります。見ていたらサービスマンがビス2本で止まっている送風ファンユニットを部品交換しました。

送風ファンを交換する


これでボイラーは無事に着火するようになったのですが、問題はその請求額。部品代4千円+サービスマン出張費+技術料云々...総額3万ちょっとの請求書。1時間もかからない修理にいくらなんでも高すぎない?とは思いましたが、やはり人件費は高いのだと実感させられる出来事だったのです。

そう「人件費は高い」自分でできることは自分でしないと。そのとき肝に銘じたわけでした。続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。