人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

ヘッドフォンなどのプラグの修理

 デジタルプレーヤーのヘッドフォンが聞こえなくなりました。プラグにテスターを当てるとどうやら断線している模様。音響機器の音が急に消えてしまったというときは最も可能性が高いのはコード類の断線です。

断線を確認するのに必要になるのは「テスター」です。電気店やオームセンターにも置いてあります。安いものだと2千円以下のものもあり、普通素人用にはこの程度のものでも十分です。万が一のチェック用にあると便利です。


テスター

テスターです


黒のジャックがステレオピンジャックで、左右チャンネルの−が共通で左右の+が各1本です。テスターをΩ(抵抗)のモードにして、通線していれば抵抗0に針が動き、断線していると抵抗∞で針は動きません−〜−間 +〜+間の抵抗値をチェックし断線の有無を確認します。

ピンプラグ-ジャックの断線をチェックしているところ


写真はステレオ機器接続用のピンジャック、ピンプラグのコードです。コードを接続して、どの部分を揺らすと音が途切れるかで断線箇所を推定し、テスターを併用してその部分を確定させます。

ステレオオーディオコード


モールディングで作られているピンプラグ部分をカッターで切り開きます。

断線したピンプラグを切り開く

ピンプラグの金属端子部分を分離取り出します。

ジャックの金属端子

プラグの根元からコードを切断します

コードの切断

コードに縦にカッターで切り込みをいれてビニール被覆をはぐ

カッターで建てに切れ目をいれ、皮をはぐ

中のプラスの銅線の被覆もカッターで軽く切り込みをいれ皮をはぐ

中のプラスコードの被覆も皮をはぐ


被覆をはがしたら銅線をよじりフラックスをぬって半田をこてで溶かして付ける

フラックスを塗って

半田をつけておく


プラグの端子に半田付けをする

プラグに半田付け

マイナス線の露出部分にビニール絶縁テープを巻きつける

ビニールテープ絶縁

このあと洗濯物干しの修理でも使ったエポキシ系充填接着剤でプラグ部分を作成する

エポキシ系粘土で形作ったヘッドフォンのピンプラグ

ヘッドフォンプラグ


ヘッドフォン本体のプラスチック部分の破損もエポキシ系粘土で補修しました。

ヘッドフォン補修






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。