人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

引き戸の敷居すべりが壊れていたので修理しました

 新築時からのままだった引き戸ですが、最近敷居の溝に付いていた「敷居用すべりテープ」がぼろぼろになったので修理することにしました。このテープはホ−ムセンター等においてあります。溝巾21ミリ用と18ミリ用のものがありますので、前もって溝巾と長さをメモしてから購入すると間違いありません。

まず建具を溝からはずします。建具を持ち上げて下から手前に引き出します。建具が2枚以上ある場合は順次奥の戸も手前に引き出します。

建具をはずします

新築時のままだった引き戸の敷居ですが

敷居のテープがぼろぼろになりました


まず破れていた「敷居用すべりテープ」を取り除きます。両面テープで取り付けてあるので、引っ張り上げると比較的容易にはがれます。

古い敷居用テープをはがす

すべてはがし終わった後溝に残っているゴミ等をきれいにした後敷居の端から貼りはじめます。裏面に両面テープが付いているのではがしながら、たるまないようにぴんと張るようにして貼ってゆきます。

敷居の端から裏面の両面テープをはがしながら貼り付けていく

反対の端まで貼れたら、カッターを当て切断します。

反対の端まで行ったらカッターで切ります

次に建具をひっくり返し底を点検します。滑り用の鋲が取れていたので取り付けなおします。

すべり鋲の頭が取れていたのでキリで軸を取り出す

このような樹脂製の鋲を取り付けます。ホームセンターなどで置いてあります。

樹脂製の滑り鋲

鋲の足に長さをあわせてキリで穴を開け鋲を差込み、ハンマーで打ち込みます

鋲を打ち込む

4箇所打ち直しました。なおこの鋲は中くらい重さの引き戸の場合まで用いられます。ガラスの入った戸などの重い戸の場合は建具の底に戸車をつけるのが普通です。

鋲を4個取り付ける


重い戸についている底車

戸車

この場合は敷居に先ほどのような滑り用のテープが貼られているときもありますが、車に合わせた板状のレールが付いているときもあるので、溝と戸車に合わせた修理が必要です。

戸車用の樹脂製レール。いろいろな形状の戸車とともにアルミ製のレールもあり、ホームセンターにはいろいろとおいてあります

建具用のレール



建具又は敷居や鴨居がこすれあってきつい場合は溝用のかんなを使用します。1,2箇所でしたらカッターなどで代用できる場合もあります。


溝用のかんなです

建具溝用のかんな

かんなはこんなふうに使います



posted by sinnosuke at | Comment(0) | TrackBack(0) |  □引き戸の修理

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。