人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

磨り減った靴底の修理

 私はややO脚のため、靴の底の外側が先に磨り減ってしまいます。片べりすると履きにくいばかりか、益々そこが減るという悪循環。何とか修理する方法がないものかと思っていたら、ホームセンターで見つけました。靴底の補修材です。

靴底補修材表

補修材裏


かかとが片べりしてしまった靴です

かかとが片べりしている靴


まず補修する靴底を泥等を落としてからやすり掛けします。

やすりがけする

靴底に沿って付属の型取り用プレートを取り付ける

靴底に沿って付属の型取り用プレートを取り付ける

補修材をチューブから絞り出して塗りつける。溶剤系でセメダインの匂いがします。けっこう固まりやすいので、手早く塗りつける

補修材をチューブから絞り出して塗りつける。

付属のへらでならす

付属のへらでならす

このあと丸一日置いてから型取り用プレートを取り外し、はさみやカッターを使ってはみ出た部分等を修正する。


靴底完成


靴底が完成しました。ゴム状の仕上がりになるのですが、結構固めで靴底としては長持ちしそうです。色は黒と茶と白があり微妙な色は塗装で仕上げます。バイクや自転車のサドルなど部分的に穴が開いたなどの補修にも使えそうです。また東南アジア製の運動靴など買ってすぐ靴底がはがれてしまった場合の張り合わせにも使えます。
posted by sinnosuke at | Comment(0) | TrackBack(0) |  □靴底の修理

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。