人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

鍋の蓋の取手の修理

 鍋の蓋の取手がひび割れしてしまいました。木製のものです。


自在タイプの蓋の取手ですが、このようにひびが入ってしまいました

このようにひびが入ってしまいました

裏側です。ビスで接合してあります

裏側です。ビスで接合してあります


取手を回すと取れてしまいました

取手を回すと取れてしまいました

ハンマーで叩くとインサートボルトごと取れ、蓋がめくれあがってしまいました

ハンマーで叩くとインサートボルトごと取れ、蓋がめくれあがってしまいました

鍋の裏に木片を置き、ハンマーで叩いて直します

鍋の裏に木片を置き、ハンマーで叩いて直す

めくれた部分が修正されました

めくれた部分が修正されました


手持ちのステンレス製インサートナットとボルトを使います。左側がインサートナットで木に打ち込んでそれに右側の六角穴ボルトがねじ込まれます。これらのボルトとナットはホームセンターにおいてあります

インサートナットとボルト

割れてしまった取手に替わって付ける新たな取手を木材から切り出して作ります。取手自体はホームセンターでも代替品があると思いますが、あえて自作してみます。

取手を自作する

割れてしまった取手に合わせて木材から切り出したところ

割れてしまった取手に合わせて木材から切り出したところ

ハンマーとのみで大まかに加工します。

ハンマーとのみで大まかに加工します

グラインダーで角を削り丸くします。このグラインダーは刃物を研いだり、いろいろと使えるので、少し値段は張りますがあるとなかなか重宝します。

グラインダーで角を削り丸くします

少しいびつなままですが、大体削れました。この後取手に穴を開けインサートナットを打ち込みます。

赤い色のコードレスドライバードリルはオークションで2千円弱で落札したものです。ドライバービットやドリルが100本くらいもついてるセットのものです。

日曜大工程度には使えますが、プロ用途には物足りないものです。ドリルなどもおまけという程度のもので、すぐになまってしまいます。中国製は品質に関してはやはり安いなりですね。

大体削れました

小さめに開いた穴にインサートナットを差込んで

小さめに開いた穴にインサートナットを差込んで

ハンマーで面一になるまで打ち込みます

ハンマーで面一になるまで打ち込みます

蓋の穴に裏側からボルトを差込み表側の取手に打ち込んだナットの穴と合わせて締め付ける

裏側からボルトを差込み締め付ける

取付が無事に終わりました

取付が無事に終わりました

木製の鍋蓋の取手も修理しました

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。