人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

木製椅子が何回かばらばらになりそうに

 家で使っている家事用と食堂の木製椅子ががたつきました。木製の椅子は、表からはねじ等が見えないように作られています。それぞれの部材は長さ3,4センチくらいで6ミリか8ミリの径の木製の「ダボ」と呼ばれる部材でつなぎ接着剤も併用して接合してあります。

家事用椅子の部材同士がゆるんできました

接合面にやすり掛けして接着剤を塗りトンカチで叩き合わせ一昼夜置きます。

このように接合して一日置く

接着剤は木工用のボンドを使う

木工用のボンド


これも接合がゆるんでがたついてしまった食堂用椅子です

食堂用のいす

背もたれ部分は木目に沿って何度か割れてしまい、接着剤だけでは強度が足りないので

背もたれ部分は何度か接合したが接着剤だけでは強度が足りず

木ねじにて機械的に接合してしまいました。この後ビスを塗装すれば目立たなくなるかも

木ねじで無理やり接合する


座面の布張りもかなり汚れてしまったので張り替えてしまいました。張替え用の生地は生地の店で調達しました。

座面は成型した合板にウレタンのクッション材が張られ、布を張って裏側に折り曲げてステープルにてとめてあります。

このようになっています

座の張替え図


張替え手順ですが、まず椅子をひっくり返すと座面の受け材から座板に向けて4本の木ねじで止まっていますから、緩めて座板を取り外します。

座の裏面

木ねじを緩めて
木ねじをゆるめる


座板が外れます
座板が外れたところ

座布はこのようにステープルで座板に止めつけてあるので、ドライバー等で針を抜き、元の座布と同じ形に切った新しい布を引っ張りながらステープルにて止めつける

座布の張り付け


ステープル打ち込み用のタッカーです

ステープル
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。