人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月16日

閉まりが悪くなった物入などの戸の修理、調整

 長年使って閉まりが悪くなったりした物入などの小さい戸の修理や調整を行います。

物入戸などにはキャビネット丁番やスライド丁番が使われています。
キャビネット丁番は取り付けてあるビスを緩め、締りを調整して再度締め付けます。

キャビネット丁番
キャビネット丁番


スライド丁番は調整用ビス2箇所を締めたり緩めたりして戸の閉まり具合を調整します。

スライド丁番

戸を受けて止めるのにマグネットキャッチというのが良く使われています。プラスチック製が多いのですが、たまに割れたりするので半田ごてで溶着したり、別のプラスチック板を溶着したりして修理しています。ホームセンターにもありますが、そんなに高いものではありません。


修理したマグネットキャッチ
修理したマグネットキャッチ


又扉を止めておく強さはマグネットキャッチのネジを緩めて前後させて調整したり、受け側のスチールプレートをネジを緩めて左右に動かして付け直し、マグネットと取り合う部分をずらしたりして調整します。

受けプレート
受け側プレート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。