人気blogランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2007年08月18日

後輪のタイヤ交換は少し手間がかかります

 自転車の後輪タイヤの交換は、チェーンをはずしてから行うので、少し手間がかかります。チェーンには油が付いていますから、軍手等をはめて行ったほうが汚れません。またじてんしゃはさかさまにして交換作業を行うほうが楽にできるようです。はずしてゆくときはその都度デジカメ等で記録しておくと後で確認しながら取り付けられます。

この写真の例はフルカバータイプのチェーンケースがついたいわゆる「ママチャリ」と呼ばれているタイプですが、半カバー付きのチェーンが見えているタイプのものはチェーンがもっと楽にはずせるため、ずっと楽に行えます。


まず車軸を本体に止めているナットを左右ゆるめてはずします

後輪ナットをゆるめてはずします


泥除けや後ろ荷台の取り付けステーやスタンドを車軸から両側ともはずします。

泥除けステー、かごすてーをはずす


車輪車軸の取り付け位置を調整するための金具が片側もしくは両側についているのでナットを緩めます。

車軸位置調整用金具ナットをゆるめる

調整金具2

ゆるめて外れたところ



後輪のドラムブレーキを車体に取り付けている金具をドライバーで緩めてはずす

ブレーキ取り付け金具をはずす


チェーンケース後ろにある点検注油用カバー取り付けビスを緩めてはずすとカバーが取れます。

ケース後ろ取り付けビスをはずす


後ろカバーが外れました


次に前側のケースカバー部分の取り付けビスを緩めてはずします

前カバー取り付けビスをはずす

前カバーをはずす


後ろ車輪をフレームの前方へ押してやり、チェーンにたるみをもたせてから後ろ車輪についているギヤからドライバー等を使ってチェーンをはずします。

後ろのチェーンをはずす

次に前側のペダル部分のギヤから同じようにしてチェーンをはずします

前側ギヤからチェーンをはずす


これで後ろ車輪はフレームから取り外せるようになったので、チェーンをずらしながら、フレームの溝から完全に取り外します。

後輪をフレームから取り外す

外れました

この後の手順はパンクの修理、前タイヤの交換と同じですのでそちらを参照してください。

タイヤの交換がすんだ後は、はずした手順と逆の順で順次元に戻してゆきます。

この時の注意する点は、緩めていた車輪車軸の取り付け位置を調整するための金具を両側均等に締ることです。

この金具を締めるとチェーンがどんどん張られるので、ちょうど良い具合にチェーンが張ったところで締めるのをやめます。

また左右釣り合いをとって締めないとタイヤがゆがんで取り付けられるので注意してください。これは仮付けした段階でタイヤを空回りさせてみるとぶれがなく車体と均等の距離を保って廻るかどうか確認することで分かります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。